« MacやXcodeを知らないやつが始めるXamarinアプリ開発 - 目次2 | トップページ

2017年4月21日 (金)

VSCodeでElectronアプリをデバッグするときのlaunch.json

とあるイベントでElectronが面白そうと思って、ちょっと触ってみたのですが、VSCodeでのデバッグ設定でハマったのでメモ。

<前提環境>

・Windows 10 Creator Update
・nodistでnpm 6.9.2
・VSCode 1.11.2
・Electron 1.6.5(「npm install electron -g」でインストール)
とりあえず、サンプルでよくあるファイル(index.html, main.js, package.json)作って、.vscodeフォルダにlaunch.json作ってデバック実行してみると、こんな感じでエラーが( ;∀;)
001
ざっと検索してみると、「Windowsだと'.bin/electron'じゃなくて'.bin/electron.cmd'を呼び出さないといけない」とあるけど、元々VSCodeに登録されているElectron用テンプレートにはちゃんと指定してある・・・。
002
よくよく考えると、'${workspaceRoot}'ってVSCodeが開いているフォルダになるので、その配下にelectron.cmdなんてあるわけない!
でも、パスを直接書くのは嫌なので、何か参照できるものはないかと思ってたら、OS環境変数に'NODIST_PREFIX'があるのを発見(ちなみに、x64環境だと'C:\Program Files (x86)\Nodist'になります)。
Nodistの配下に'node_modules\.bin'フォルダもあったので、'${env.NODIST_PREFIX}/node_modules/.bin/electron.cmd'に変えてみたものの、これでもNG。
'electron.cmd'を探してみると、'C:\Program Files (x86)\Nodist\bin'に居た!!
ということで、windows用のruntimeExecutableの指定は'${env.NODIST_PREFIX}/bin/electron.cmd'で無事落ち着きました。

« MacやXcodeを知らないやつが始めるXamarinアプリ開発 - 目次2 | トップページ

OSS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564136/65180163

この記事へのトラックバック一覧です: VSCodeでElectronアプリをデバッグするときのlaunch.json:

« MacやXcodeを知らないやつが始めるXamarinアプリ開発 - 目次2 | トップページ

無料ブログはココログ