« MacやXcodeを知らないやつが始めるXamarinアプリ開発 - 証明書発行 その1 | トップページ | MacやXcodeを知らないやつが始めるXamarinアプリ開発 - 証明書発行 その3 »

2016年11月 6日 (日)

MacやXcodeを知らないやつが始めるXamarinアプリ開発 - 証明書発行 その2

「証明書発行 その1」の続きで、アプリケーションIDの登録です。
Apple Developer Programのサイトで「Certificates, IDs & Profiles」内の左側のメニューから「Identifiers」-「App IDs」をクリックし、タイトルの「iOS App IDs」の右側にある「+」をクリックします。
014
App ID Descriptionの「Name」欄にアプリケーション名を入力します(一覧に表示する名称ですので、適当で構いません)。
015
App ID SuffixからアプリケーションIDの指定方法を選択します。「Explicit App ID」はアプリケーションIDをユニークに指定するときに使います。「Wildcard App ID」はワイルドカード('*')を使って複数のアプリケーションIDをまとめて管理するときに使います。ここでは「Explicit Add ID」を使います。
016
App Servicesでは、作成するアプリケーションで使用したい機能があればチェックボックスをONにします。
017
入力が終わったら、ページ下側にある「Continue」ボタンをクリックします。
入力内容の確認画面が表示されるので、「Register」ボタンをクリックします。
018
019
区切りがいいので、続きは次回に

« MacやXcodeを知らないやつが始めるXamarinアプリ開発 - 証明書発行 その1 | トップページ | MacやXcodeを知らないやつが始めるXamarinアプリ開発 - 証明書発行 その3 »

Xamarin」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564136/64449816

この記事へのトラックバック一覧です: MacやXcodeを知らないやつが始めるXamarinアプリ開発 - 証明書発行 その2:

« MacやXcodeを知らないやつが始めるXamarinアプリ開発 - 証明書発行 その1 | トップページ | MacやXcodeを知らないやつが始めるXamarinアプリ開発 - 証明書発行 その3 »

無料ブログはココログ