« AD環境でTFS2012にユーザを登録するとき | トップページ | 第11回 TFSUG参加 »

2012年8月25日 (土)

ビルドコントローラーが削除できないとき

TFS管理コンソールからコントローラーを削除しようとしたとき、こんなエラーに出くわしました。
001

別の仮想マシンにエージェントだけ構築していたのを忘れて、その仮想マシンをサクッと消してしまったのですが^ ^;

こんなときは、TFSに格納されている管理情報を編集してしまいます。
※あくまで自己責任で。

TFSのDBサーバで作業をします。(または、TFSのDBサーバに接続できる環境で)

SQL Server Management Studioを起動し、TFSのDBに接続します。
データベースの中から、「Tfs_<コントローラーが接続しているコレクション名>」を探します。
(通常は「TfsDefaultCollection」)

エージェント情報が格納されているテーブルは「tbl_BuildAgent」になります。
まずは格納されているレコードを確認します。
「tbl_BuildAgent」を右クリックし「上位1000行の選択」を選択すると、登録されているエージェントの一覧が表示されます。
002

003

削除対象のエージェントは「DisplayName」に登録されている内容で大体察しがつくと思いますが、よくわからない場合は、削除対象のコントローラーの「ControllerId」を「tbl_BuildController」から確認します。
004

あとは、クエリーで次のSQLを実行してレコードを削除します。(もしくは「上位200行の編集」で直接削除)
DELETE FROM tbl_BuildAgent WHERE ControllerId=[削除対象のコントローラーID]

※別な理由で、ゾンビエージェントだけ削除するときには、AgentIdも条件に含めてください。

« AD環境でTFS2012にユーザを登録するとき | トップページ | 第11回 TFSUG参加 »

TFS2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564136/55503563

この記事へのトラックバック一覧です: ビルドコントローラーが削除できないとき:

« AD環境でTFS2012にユーザを登録するとき | トップページ | 第11回 TFSUG参加 »