« 2010年10月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年11月

2010年11月29日 (月)

りばてぃさんの連載:Team Foundation Server 2010入門 第5回

@ITにて、りばてぃさんが連載されているTeam Foundation Server 2010入門の第5回が公開されました。今回も「自動ビルド」についてです。

今回は自動ビルドと単体テストについて、「とりあえずすぐに使うためには?」という感じで書かれています。
あと、ゲートチェックインについても簡単にあげられています。

さぁて、次はどんなネタになるのかが楽しみです。

2010年11月13日 (土)

Team Explorer Everywhere 2010 SP1 Beta変更点:おまけ

テスト中にハマってしまったネタです。

SP1 Betaでビルド定義の選択ができるようになりました。
そこで、テスト用として1つのTFSプロジェクト内に.NET用とJava用のゲートチェックインビルド定義を作成し、Eclipse上からチェックインを行いました。
ビルド定義の選択画面が出てくるので、Java用のビルド定義を指定して実行したところ、意味不明なエラーでビルドが失敗します。
01_2
01_3
パラメータ名:rootTrackingがないとか、作業項目の種類Bugが見つからないとか言われても・・・(-_-;)

いろいろ探してみたところ、MSDNフォーラム(英語)にMavenで同じエラーについての投稿を発見。
対策は、「9月にBuild Extentionsの新しいのがでてるからそれ使って」とのこと。
リンク先に飛んでみたところ、タイトルが「Team Foundation Server Build Extensions Power Tool April 2010」になっていたので、リンク先が間違ってるのかなと。
ところが、いろいろ検索してもBuild Extentions September 2010のページが見つかりません。
小一時間悩んで、やっと発見しました。
April 2010のページにあるファイルのLAST UPDATEDがSeptemberになっていることを。orz

新しいBuild ExtentionsをビルドサーバにインストールしたあとにEclipseからチェックインを行うと、ちゃんとビルドできました。
できれば、ページタイトルもSeptemberにしてほしかったです。(;一_一)

Team Explorer Everywhere 2010 SP1 Beta変更点:ゲートチェックイン後のソース調整

前回の続きです。

個人的に一番うれしい変更点ですが、ゲートチェックインが正常終了したあとのソース調整がすごく簡単になりました。
無印Everywhereの動作については、「ゲートチェックイン時のソース管理状態 その2」にて。

今回、2つの方法(タイミング?)で調整が可能になっています。
1つ目は、ビルド完了時にVS IDEと同じ完了通知画面が表示されるようになりました。
01
ここで「調整」ボタンを押すと、調整対象のファイル一覧が表示されます。
02
もう一度「調整」ボタンを押すと、「保留中の変更」からファイルがなくなります。
03

2つ目は、「Gated Check-Ins」ビューにシェルブされたままのビルド一覧が表示されるので、そこからソース調整を行う方法です。
ビルド完了通知画面で、あえて「無視」ボタンを押します。
すると、「保留中の変更」一覧にファイルが残ったままとなりますが、「Gated Check-Ins」ビューにビルドが成功したシェルブセットが表示されます。
04_2
調整対象のシェルブセットを選択すると、ビュー上部にある「Reconcile Workspace...」が使用可能になります。
(調整対象のシェルブセットを右クリックした際のコンテキストメニューにある「Reconcile Workspace」でも同じです。)
05_2
「Reconcile Workspace」を選択すると、調整対象のファイル一覧が表示されるので「調整」ボタンを押します。あとの動作は1つ目の場合と同じです。
06

ビルド完了通知ツールに頼らないといけなかった無印版と比べ、相当使いやすくなったと思いますし、完了通知画面もビルド完了してからさほど待たずに表示されるようですので、待ち時間(無駄な時間)もほとんどありません。
ちょっとだけ残念なのは、ビルド処理ログ表示画面からは調整ができないままなことですが、これだけ簡単に調整が行えるのであればそんなに問題ないかと。

2010年11月12日 (金)

Team Explorer Everywhere 2010 SP1 Beta変更点:ビルド定義の選択

まずは、ゲートチェックイン有効時に、どのビルド定義を使用するかが指定可能になりました。
無印版は、1つのTFSプロジェクトで複数のゲートチェックインビルド定義が存在する場合、どのビルド定義を使用するか指定できませんでした。
(詳細は1つのTFSプロジェクトで、.NETとJavaの共存は可能か?を参照)

今回のSP1 Betaでは、VisualStudioと同様にビルド定義の指定画面が表示されるようになりました。
01
※メッセージが全て英語なのは、まだ日本語LanguagePackが出てないためです。

これで、1つのTFSプロジェクトで.NETとJavaの共存がゲートチェックインを使っても可能になりました。

ゲートチェックイン後のソース管理状態についても変更がありましたので、つづきへ。

Team Explorer Everywhere 2010 SP1 Beta登場

マイクロソフト長沢さんのブログで、Everywhere 2010 SP1 Beta公開という記事がでてます。
全然英語読めないのですが、長沢さんのブログの元ネタであるBrian Harryのブログを見ると、
 •Fully localizable product.
  (完全なローカライズ)
 •Full Gated check-in support for TFS 2010.
  (TFS 2010のゲートチェックイン機能のフルサポート)
 •Support for rich work item descriptions
  (リッチな作業項目記述のサポート)
 •A bunch of bug fixes and other improvements.
  (多くのバグフィックスと他の改良)
と書いてあります。

部署で使用しているのがJavaなのでちょっとチェックしてみましたが、結構使いやすくなってるっぽいです。
個人的に気になった(気に入った?)ゲートチェックイン関連の変更内容について、次回以降で書いていきます。

« 2010年10月 | トップページ | 2011年1月 »